宮城県仙台市宮城野区幸町1-17-32 MAP

電話:022-234-7305

大腸内視鏡検査|仙台市宮城野区の内科・消化器科・胃腸科|大腸がん

大腸内視鏡検査

TOP医院紹介院長紹介診療案内初診の方へ交通案内
  • 医学博士(東北大学医学部)
  • 日本消化器病学会専門医、評議員
  • 日本内科学会専門医
  • 日本大腸肛門病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医

医療関連リンク

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧いただけます。

  • 独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター
トップページ»  大腸内視鏡検査

大腸内視鏡の特徴

大腸内視鏡

大腸の内視鏡検査は、最初に肛門から挿入し、盲腸まで挿入します。
その後、内視鏡を引き戻す際に診察を行います。
診察の際は引き戻すだけなので苦痛はほとんどありません。(ただし、患者の皆様によって、大腸の形状や長さ、曲がり方などの違いがあるため、多少の痛みの度合いの差はあります)
更に、挿入時の技術が必要となるため、当院では内視鏡専門の熟練医師が行います。
食事制限はありませんが、前処置として下剤を使用し、腸内をきれいにします。
従来より行なわれてきたバリウム検査との大きな違いは、専門医の目で大腸内部を直接観察できる点です。
そのため従来の検査では発見する事が困難であった、数ミリ程度の小さな病変を発見できる事が特徴です。

 

大腸がん予防と早期治療

大腸ポリープには前がん病変である腺腫といわれるポリープが多く、切除することによりがんを予防することが可能です。

大腸がんは早期発見・早期治療が大原則
大腸がんは内視鏡にて早期発見・治療のみならず予防法も確立されたと考えられます。
大腸がんは男女ともに発生数が非常に多い病気で日本人の死亡原因トップ3に入る、大腸がんを早期発見することは安心して生活する上で大切な事と考えます。

「血便が出る」「よくお腹が痛くなる」「下痢と便秘を繰り返す」などの症状のある方、検診などで便潜血反応が陽性の方、また、過去にポリープがあった、またはポリープを切り取った経験がある方は、定期的に大腸内視鏡検査で、今のご自身の腸の具合がどうなのかをしっかり調べる事をお勧めします。

大腸内視鏡検査の流れ

1.検査前日
原則として検査前日の食事に制限はありませんが、繊維質のものは腸の中に残って検査がしづらくなる場合があります。
特にキノコや海藻などはそのままの形で残ります。そのため繊維質ものは避けて下さい。
 
2.検査前の準備
当日朝から、欧米で良く使われる、飲みやすい錠剤の下剤(ビジクリア)または、液剤のニフレックを飲みます。
7~10回の排便があり、便が透明になってきたら検査を受けられます。
3.検査着への着替え
検査直前に検査用のパンツにはきかえて頂きます。
4.検査
検査ベッドに横になって頂き、検査台の上に左側を下にして、横向きになります。
経験豊富な熟練の専門医が実施しますので、安心して検査をお受けできます。
検査の痛みもほとんどなく、10分~15分程度の短時間で終わります。
5.検査終了
検査後は、第一診察室にて、内視鏡のお写真をお見せしながら、検査結果のご説明を致します。
粘膜を採取した場合は、検査結果を後日(約2週間後)聞きに来て頂く事になります。