宮城県仙台市宮城野区幸町1-17-32 MAP

電話:022-234-7305

クローン病|仙台市宮城野区の内科・消化器科・胃腸科

クローン病

TOP医院紹介院長紹介診療案内初診の方へ交通案内
  • 医学博士(東北大学医学部)
  • 日本消化器病学会専門医、評議員
  • 日本内科学会専門医
  • 日本大腸肛門病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医

医療関連リンク

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧いただけます。

  • 独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター
トップページ»  消化器科»  クローン病

クローン病

クローン病

クローン病(Crohn's Disease)とは?
大腸及び小腸の粘膜に慢性の炎症または潰瘍をひきおこす原因不明の疾患の総称を炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease:IBD)といいます。クローン病も、この炎症性腸疾患のひとつで、1932年にニューヨークのマウントサイナイ病院の内科医クローン先生らによって限局性回腸炎としてはじめて報告された病気です。
クローン病は主として若年者にみられ、口腔にはじまり肛門にいたるまでの消化管のどの部位にも炎症や潰瘍(粘膜が欠損すること)が起こりえますが、小腸の末端部が好発部位で、非連続性の病変(病変と病変の間に正常部分が存在すること)が特徴です。それらの病変により腹痛や下痢、血便、体重減少などが生じる病気です。

どんな検査・治療法がありますか?
クローン病の治療は、いまだ原因が不明であるために根本的な治療法がないのが現状です。
しかし、患者様自身がクローン病を正しく理解し、治療を受ければ多くの場合は「緩解」状態になり、それを維持することが可能です。
その基本はあくまでも腸管に生じた炎症を抑えて症状を和らげ、かつ栄養状態を改善するために、急性期や増悪期には栄養療法と薬物療法を組み合わせた内科的治療が主体となります。内科的には治療できない腸閉塞、穿孔、大量出血などが生じた場合は手術が行われます。